素人女性でもできる力を使わない護身術

世界中の女性を暴力から救いたい

第25話 効果的な攻撃場所


護身術 女性専用 傘で護身術 効果的な攻撃の仕方 少ない労力で最大の効果をだそう!

ボーイ「今日も暑いね~」

武「そうですね~汗が止まらないです

ボーイ「暑いけど、今回も傘で護身やっていこか!」

武「はい」

ボーイ「今日はどこを攻撃すれば効果的かって話」

武「顔面じゃないんですか?」

ボーイ「そうやねんけどね…顔を防御されたらの話な」

武「そうですよね(笑)顔を防御されたら非常に攻撃し難いんです」

ボーイ「そうやろ!だからそこんとこを師父に教えてもらって。では師父お願いします」

素菓子「暑い~あまりにも暑すぎて超人墓場行きかけたワイ!」

ボーイ「そん時はドクターボンベ呼んで来るから大丈夫です!」

素菓子「お~それなら安心じゃ。かっかっかっ(笑)」

武(わからん…)

素菓子「今回は肉のカーテンのように防御を固められた状態の場合じゃ」

武「質問!肉のカーテンてなんですか?」

ボーイ「そんなんも知らんの!両手でボクサーみたいに顔とボディーを防ぐだけやん」

素菓子「何も知らん奴よ。さて、防御されると顔面を打つ事は難しくなる。困った事じゃ。さてどうする?って話じゃ」

武「手が上がるってことは比較的肋骨は狙いやすそうですね、後、金的も」

素菓子「うむ。それもありじゃ。じゃが、今回は基本的でもあり、相手に物理的な攻撃をさせなくする方法じゃ」

武「どうするんですか?」

素菓子「手で守っているのじゃったらその手自体を破壊するのじゃ。特に狙うべきは指と手の甲(小指側が狙い目)じゃ。これらは簡単に折ることが可能じゃ。折れた手では何もできんしの」

武「なるほど!それは効果的ですね」

素菓子「まず、相手の手を破壊、しかるのち顔面を打つ」

ボーイ「”将を打たんと欲すればまず馬を射よ”ってことですね」

武「なるほど!←わかってない

ボーイ(絶対わかってないやん…)

素菓子「そうじゃ。馬を射りゃあ将軍も落馬して簡単に討ち取れる。要領じゃ」

武「あとはどうやって指先を攻撃するかですね」

素菓子「攻撃方法は以前からやってる6方向をうまく組み合わせたら楽勝じゃ」

武「それと攻撃は先手が必勝てことですね」

素菓子「相手がどう攻撃したらいいかと考える前に先制の1撃を与える。相手は混乱したままどうしたらいいかわからないままに終わらせたらよいのじゃ。簡単なことなんじゃが、行動するとなるとみんな相手を見すぎて結局やられてしまう」

武「何も考えずに飛び込むくらいがいいってことですか?」

素菓子「闇雲に突っ込むのも考えものじゃが、”間”が大事じゃから考える前に行動してた方が相手の準備ができてないという点においては有利じゃ。相対したらの場合じゃがの」

武「ただ突っ込むのではなく、自分の得意技でつっこんだら良いってことですね」

素菓子「そうじゃ!相手をはめろ!大事なのは相手より後手にまわらんことじゃ。これからも励めよ。さらばじゃ!!」

 

つづく