読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人女性でもできる力を使わない護身術

世界中の女性を暴力から救いたい

後からナイフで脅された場合

f:id:uwmt47448:20170306204513j:plain

こんにちは、護身術の森本です。

今回は後からナイフで脅された場合です。

 後からナイフで脅された場合の動画はこちら

この際のポイントですが、

前回同様やはり手首をいかに殺すかになります。

前回は手の甲をつけるようにと言いましたが

今回は手の向きが反対になってます!

 

でも安心してください。

押えるべきは手関節でいいです(^^)

ここを押えられるとナイフは使えません。

試しにやってみて下さい。

 

今回も前回同様手首を押えるのは

相手の虚をつき瞬間的に手首を押さえ

投げに移行しなければいけません。

相手が後にいるから前回より速く投げに移行して下さい。

手首を殺した瞬間に投げに移行する一連の動作にして下さい。

 

投げの際の注意は相手を投げようと背負わない方がいいです。

よく動画見ていただいたらわかると思いますが

相手を背負ってません。

感覚としては相手の肩が倒れて来ると

その肩をすかすような感覚です。

相手はもたれかかろうとした背中が

「あれっ!」て急に無くなるような感覚になるでしょう。

投げというより相手を落としていく感じです。

重力があるから勝手に落ちます。

もちろん重心の操作は必要ですけどね(゚∇^d)

 

さて、もし相手が後にいて上からのっかかって

押え気味にナイフで脅された場合はどうなるでしょう?

 

どうするのか!?

同じようにしたらいいんですよ(^^)

むしろのっかっかってくれた方が落としやすいんです!

だから相手が体重を乗っけて脅してくれた方が

ありがたいんです。

 

一番の問題は恐れずにダイナミックに

行動できるかどうかでしょう。

冷静に対処できるはずはないでしょうが

「手首を殺したらいいんだ」

とだけ考えたら少しは落ち着けるんではないでしょうか?

 

あれをしようこれをしようと考えると混乱します。

いかに少ない手数シンプルな術で

相手を制することができるか?

体を通さないとわからないはずです。

ぶっつけ本番ではできないことを保障します。

練習してください。

応援しています(^-^*)/