読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人女性でもできる力を使わない護身術

世界中の女性を暴力から救いたい

当身の重要性

こんにちは、護身術の森本です。

今日は当身の重要性について書いてみたいと思います。

相手に掴まれた場合、

よっぽど投げへの移行時間に無駄が無い、

もしくは、速い場合を除いて、

当身は必須となるでしょう。

持たれていたら遅いんです!

護身術の動画をいろいろ見させていただいてますが、

こう持たれる→手首をこっち向ける
こう持たれる→腕をこうする 等等

いいと思うんですが、それはある程度技術がある人の場合と思います。

始めの方にも書いたと思うのですが、

術はシンプルな方がいいんです。

当身はその最たるものです。

当身のメリットは

・シンプルなこと。

・比較的早く習得できる

・威力が高く、当身のみでも護身は成り立つ。

・体の使い方の練習にもなる。

 

その当身すら誰でもできる簡単な術から

高等な術があるのに

掴まれてからの投げ技

抜き技と言うのは実際は不可能なんです。

初学者がやるのは・・・

(僕も始めに持たれてからの動画をあげてますが、
あくまで体を動かす練習用の技でしたが、
まだ時期尚早でした(/∀\*))

 

ただ、投げも体の使い方は当身と一緒だから

当身の原理原則がわかると、投げの原理原則も

その応用であると言う事に気がつくと思います。

ここまで5年~10年くらいかかると思います(゚д゚)

だいぶ意識して練習したら・・・

武道をやってても生涯気づかない人も

いてるくらいなんですから( ̄▽ ̄;)!

気づくだけでも大したもんです。

 

ただそんなに難しかったら

この動画を見てもすぐに使えないじゃないか!

って話になるのですが・・・

僕は、1ヵ月後に使える術、3ヵ月後に使える術、10年後に使える術

があると思っています(。-_-。)

全てがすぐ使える訳ではありません。

 

少し話は反れましたが、

まず、当身を身につけて、

然る後、投げ技に繋げた方が、結局護身の近回りだと思います。

護身の近回りこれすなわち、

「相手の撃退」身を守る

という至高の目的があるわけですから

それが早いに越した事はないはずです。

太極拳も剛の行き着いた先が柔となったんです。

持たれてから投げるという発想は、

当身が十分になってから考えてください。

今日もありがとうございました。

応援しています\(^o^)/