読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人女性でもできる力を使わない護身術

世界中の女性を暴力から救いたい

戦略と戦術

考え方

こんにちは護身術の森本です。

今回は僕が思う護身における戦略と戦術です。

まず戦略的不利を戦術的有利

にするのは難儀ということです。

だから護身率は50%がせいぜいだと

前のブログに書きました。

 

そこで護身術というものの必要性がでるのですが。

まず、戦略的不利とはどんな状況か

・相手の人数が多い。

・周りに人がいない。

・自分が1人もしくは、弱い立場の者だけでいる。

・暗くて人目につかない。

・お酒を飲んでいる、もしくは、正常な判断ができない状態である。

・逃げれない状況にある。

ザックリとこんなもんでしょうか・・・

戦う前に負けている状況を作ることです

こんな状況にならないのが、戦略的有利な状態で、

襲われる確率はグッと減ります。

常に戦略的有利な状態

になるように心がけてください。

では、どうすればいいのか?

・1人でいる機会を少なくする。
・人通りの多い所を移動する。
・男の人と一緒にいるようにする
・明るいところを移動する。
・お酒は飲み過ぎない。

・安易に人に付いて行かない。
・逃げる道を確保しておく。

当たり前の事なんです

「君子危うきに近寄らず」(^∇^)

日頃からの心がけで

ある程度防げるはずです。

初めから個人的に狙われてたら別ですが・・・

相手と相対したら今度は

戦術論です。

・戦術とは、護身術の技術

と思っていただければいいと思います。

護身は戦術レベルでは術以外にも

・声を上げる

・諦めた振りをする(虚をつくる)

・逃げる(戦術的撤退)

・ハッタリかます

・後、時間がかかればかかる程襲う側は

不利になるわけですからどうにか時間を

稼ぐように努めて下さい。

ただ、先ほども書きましたが、

戦略的不利は戦術的に挽回するのは

至難の技だから常に戦略的に

有利な状況でいれるように努めて下さい。

 

後、護身術を身につけても

慢心しないで下さい!
術を使うのは最後の手段です。

使わないでいる方がいいんですから♪(o・ω・)ノ))

ある程度身につくと自分が強くなった気になってしまいます。

恥ずかしながら僕もそうでした(/∀\*)

自分への戒めも含め気をつけましょう(^-^)/

 

応援しています(^-^)/