素人女性でもできる力を使わない護身術

世界中の女性を暴力から救いたい

第44話  初心者でも1日で出来るようになる超簡単に相手を倒す方法


女性の為の1日でマスター護身術 初級 超簡単に相手の足を持って倒す!Self defense for women

武「喉と金的を攻めた後に相手を簡単に倒す方法ってないんですか~?」

ボーイ「いろいろあるけど、相手の足を持って倒すってのどう?」

武「相手を持ち上げるのが大変じゃないですか~女子には無理ですよ」

ボーイ「いやいや。相手を持ち上げる必要なんてないねんで

武「持ち上げないと相手こけないじゃないですか!?」

ボーイ「そんな事ないねん!めちゃくちゃ簡単やから!」

武「いやいいや、いつも簡単て言いながら結構難しいし、難易度上げて複雑にしたりしてるじゃないですか~」

素菓子「そうじゃぞ。お前はいつも自分が出来たら武もできると思って技を複雑にして初心者の人には出来そうにない動きを強要してる時もあるぞい!」

武「そーだそーだ!師父言ってあげて下さい」

ボーイ「わかりました!反省してます。今回からは段階を踏んで初心者の女性にもよりわかりやすいように本当に簡単にできるのやるから!」

素菓子「今日から始めてもできますって感じのをやるのじゃぞ!」

ボーイ「わかりました。では今回は足をとって倒そうと思うんやけど、まず鉄棒の上に座るのをイメージして欲しいねけど」

武「イメージしました。めっちゃ落ちそうなんですけど~」

ボーイ「それが足を持たれてる状態とほぼ同じやねん」

武「えっぐらぐらで指で後ろに押されるだけでも倒れそうなんですけど~」

ボーイ「その通り!簡単やろ!?」

武「そんな簡単にいきますか?鉄棒に乗ってる段階で足が浮いてるからな~」

ボーイ「論より証拠。師父に手伝ってもらおう。師父足を持たれてあげて下さい」

素菓子「よしよし。ワシで練習してみろ。そのかわり後でアップルパイくれよ」

武「了解です。」

ボーイ「では、師父の膝を抱えるように持って。(できるだけ相手の膝を絞れた方が転倒させやすい)」

ボーイ「次に膝を抱えたら相手を頭か、肩で後ろに押し込む。そしたら相手は転倒してるはず。めっちゃ簡単やろ!?」

武「膝を抱えて、肩で押すっと。うわっ簡単に倒れた!」

素菓子「あいたたたたたっ腰が腰がこしが~~痛くな~い!ちゃんと受け身してるから~!!」

ボーイ「痛くないのか~い!こりゃ1本とられた!!」

素菓子「しかし受け身が出来ないとこれでも辛いの」

ボーイ「どうよ!簡単にできたやろ?」

武「今まで簡単て言うてたけど、これは本当にめっちゃ簡単にできました」

ボーイ「お褒めに預かり光栄の至り!これからはこんな感じでいくで!次後ろな」

ボーイ「相手に後ろに立たれたって感じな。これも超簡単で。相手の足を持ちます。相手はグラグラです。体ごと自分の後ろを振り返る感じで体を回転させて相手の体を後ろに送る。相手の真後ろではなく、結果として相手の斜め後ろに倒すことになるかな」

武「膝を持って、自分の体で相手の体を邪魔する感じで後ろを振り返るように送るっと。うわっ!これも簡単にできた!」

素菓子「今度こそ腰が~腰が~腰が~~痛くな~い!受け身してるから!!」

武「また痛くないのかよっ!またまた1本とられたな」

素菓子「じゃがこれでけでも受け身の知らんものには十分効くぞい」

ボーイ「どうよ?簡単やろ?」

武「確かに。今回は本当に簡単でいつもこれぐらいだと助かります」

ボーイ「これから超簡単に段階を踏んでステップアップしていこうと思ってる。気が付けばこんなことも出来るようになりました!みたいな感じな」

武「それだったら普通の女子にでもできそうですね」

素菓子「女性でも簡単に力を使わずにできるようにしてあげてくれ」

ボーイ「僕の根本的な考えもそれですから初心に帰ってやってみます」

素菓子「よし!次は今回の上級編をするぞ。ではまたな」

武「ありがとうございました」

ボーイ「ありがとうございました」

 

つづく

 

 

 

第43話 金的蹴り喉攻め 金的蹴りのタイミング注意事項


女性の為の護身術 金的蹴りからの喉攻め と、注意点 Self defense for women

武「前回は喉から先攻めましたけど、金的から蹴ると何か変わるんですか?」

ボーイ「変わるで。特に体幹の反応が真逆になるよ」

武「どういうことですか?」

ボーイ「先に首を攻めると金的蹴りしやすくなってたやろ?」

武「はい、下半身が前にせり出してくるので蹴りやすかったです」

ボーイ「その逆やわな。下を攻めると上が出てくるねん」

武「なるほど。金的蹴りをすると上半身が倒れてくるということですね」

ボーイ「その通り!喉を攻めやすくなるということ」

武「喉攻めをやりやすくなるから、こっちの方が楽にできますね!」

素菓子「愚か者が!それは一概には言えん。金的蹴りが入ってもタイミングが遅かったらそのまま勢いがあったら掴んで押し倒されてしまうて。相手が突っ込んできたら相当の勢いじゃからな」

武「金的蹴りだけでは終わらないてことですね」

素菓子「かっかっか!そんなに簡単に事が済んだら苦労せんわな。そのまま逃げたらとか言ってるのは実践経験が無い人じゃろうの。しかし、相手が油断してたり、相当うまく入れば一撃撃沈も可能なのは事実じゃぞ」

武「金的蹴りをかまして次に備えろということですね」

素菓子「違う!金的蹴りと同時並行して喉も攻めろということじゃ。蹴ってから喉を攻めようと思っても体が倒れてきていてもう掴まれておる。近距離なら尚更。」

ボーイ「とりあえず、やらんとわからんやろうから、やってみようよ」

~練習中~

武「蹴りのタイミングが遅いと結構内側に食い込んでこられますね」

ボーイ「そう、そのまま足か体を掴まれて倒されてしまう。相手も必死やからね」

武「そう思ったら喉を初めに攻めて勢いを殺すのもありですね」

ボーイ「どっちかを有効に使えればいいんちゃう?どっちもかなり有用な技や」

武「自分に合う方をすればいいんですね」

ボーイ「そう、では師父に襲っていただくか!」

素菓子「やられ役決定してるやん!!何の相談もなく!」

ボーイ「何度も言うけど武ちゃんの為じゃないですか…」

武「お願いします」

素菓子「両手でハグしに襲うぞ!ぬりゃぁあああ!」

ボーイ「まずは金的を蹴り、同時進行で喉を攻めにいく!手を出すのを遅れるなよ!

そして、相手の上半身が倒れてくるところへそのまま喉を攻める」

素菓子「ぐぬぅ!金的か!!効いた…そして体が勝手に曲がっていく…」

武(よしっ!上手く倒れてきた!喉攻めじゃ~)

素菓子「ぐおぉおおおお!声がでん心の叫び」

ボーイ「喉を掴んだままそのまま相手を倒せ!!そして地面に叩きつけろ!いっけぇえええええ」

武「今宵の斬鉄剣は一味違うぞ!落ちろ!蚊トンボ!!」

ガスッ

素菓子「のどのどのど!!」

ボーイ「それでいい(笑)いい喉攻めや」

武「またつまらぬものを攻めてしまった…」

素菓子「くらぁ!!倒れてからの喉攻め長いねん!!こっちは喉攻められてしゃべれんのじゃ!しばくぞ!かはっかはっ。全然効いてないけどな」

ボーイ「そんな時は、シャキ~ン!師父、”まあまあ棒”です!」

素菓子「お~これこれ。なんだか心が穏やかになっていきよるわい…って、なるか~!!!これ普通の塩ビパイプやんけ!!」

武「師父はノリがいいですね」

素菓子「おまえほんまに、いてもうたろか!」

ボーイ「まぁ悪気はないんですから」

素菓子「フンッ相手の勢いに逆らわずに投げてるのは良いとこじゃ。金的蹴りが先の場合はくれぐれも喉を攻めるのを遅れないようにの!」

ボーイ(フーッやっと怒りがおさまったか…)

素菓子「それでは今日はここまで」

 

つづく

 

第42話 女性が使いやすい喉攻めの種類、やり方


女性の為の護身術 女性でも使いやすい喉攻め4種 Self defense for women

武「師匠喉攻めるのってべんりなんですけど、もうちょい種類ってないんですか?」

ボーイ「やり方はいろいろあるけど、女性が使えるとなると限られてくるな~」

武「とりあえず、もうちょっと種類あるんだったら教えて下さいよ」

ボーイ「では、女性でも使えそうかな~ってのをピックアップするわ」

~練習中~

素菓子「では、ワシがざっくりじゃが説明しよう」

ボーイ「お願いします

素菓子「まず1つ目、今までやってきたやつじゃが、威力はあるし、速い、そのまま投げにも移行できる。しかも簡単じゃ。若干の接近戦になるが、かなり使いやすい技じゃ」

武「よくやってるせいか確かに使いやすいです

素菓子「2つ目、襟をつかんで親指で攻める。相手が組んだりしてきた場合に特に使いやすい。威力はあるし、1度つかむと相手は逃がれにくい、力も思ったより使わない、若干の親指の攻め方にコツがあるがそのまま投げに移行でき、使うメリットが勝つ。」

武「たしかに襟と親指の固定に若干のコツがいりますが、投げるのは簡単ですね」

素菓子「3つ目、相手の喉を打撃として攻撃する。一番早くてリーチもある。攻撃力もある。一瞬で勝負を決めれる。投げに移行できないが、より早く勝負を決めたい時に重宝する」

武「突きとしても使えますね」

素菓子「4つ目、指を相手の喉の奥に押し込む。リーチは長く、速い、威力は少しおとる。投げに移行せずそのまま倒せる。」

武「喉に押し込まれると苦しいですね」

素菓子「ざくっとこんなもんじゃろ。どれも一長一短じゃが、自分の得意技を作り、どの場面にも応用して使うのが、賢い使い方じゃ」

ボーイ「これらは、基本的な使い方の1例に過ぎず、他の使い方やアレンジはいくらでもある。」

武「いろんな場面で応用できるように練習します」

素菓子「元来は単独で使わず金的とセットで使うのは言うまでもないの」

武「金的無しではやりにくかったです」

素菓子「その感覚があれば少しは金的蹴りが馴染んできた証拠じゃ(笑)では、今日はこれにて」

 

つづく

 

第41話 不意に抱きついてこられたら金的喉攻めで対応


女性のための護身術 金的蹴り喉攻めで抱きついてくる相手を倒せ Self defense for women

武「いきなり抱きつきに来られた時どう対処したら安全ですかね~」

ボーイ「それも前回やった金的と喉攻めで解決やな」

武「お~優れものですね」

ボーイ「肝心なんはいきなり襲われたら相手に掴まれない事!その為には金的蹴りでも喉攻めでもどちらが先でもよい」

武「相手との距離を保つんですね」

ボーイ「やる事は前回とほぼ同じ、大事なのは女性は男より背が低いことが多く、もし初めに喉を攻めれないことがあったら金的蹴りで相手の体勢を崩すのが肝心。金的当たればほぼ確実に前のめりなるから。そして同じ技をいかに違うケースに転用するかがポイントやね」

武「”1を以って万に当たる”ってやつですね」

ボーイ「その通り!1つの技をより多くの場合に対処できるようにな。しかも単純な技ほど実践では効果が高い!」

武「わかりました!」

ボーイ「そして練習でもやる時はしっかりと相手を倒せるくらいに攻める!」

武「はいっ!喉攻めは相手がむせるくらいやります!」

ボーイ「その意気込みやよしぃっ!!では師父お願いします」

素菓子「おいぃいいいっワシかい!びっくりしたわ!」

武「今日もお願いします」

素菓子「仕方あるまいて、では襲うぞ!どりゃぁあああ」

武「まず、相手との距離を確保する為、相手がのけぞりむせるくらい喉を攻める、そしたら相手は後方に逃げようとするから、そうさせまいと、相手のどこかを掴んでそれを阻止する」

素菓子「くはっ!喉が喉が!ぐるじいっ!逃げれん…(チッやるようになった!しかし!)」

ボーイ「相手が体勢を立て直す前にそこから金的入れて相手を落とせ!」

※金的が先の場合はこれの逆、結果は同じ

素菓子「うっっっ金的入った…」

ボーイ「そこから喉を攻めつつ頭を地面に叩きつけろ!いっけえぇええええ!!」

武「見えた!落ちろ蚊トンボ!!」

素菓子「うお~頭打って目が見えん!暗い暗いくら~い!中央帝都に明かりを~天帝は暗いのがお嫌いだ~!」

ボーイ「やばい!師父がジャコウになってる!」

素菓子「はっ!←我に返った。なんか荒廃した大きな都が見えたわ(笑)」

ボーイ「師父ジャコウになってましたよ…武ちゃん知ってる?」

武「し、知らないですよ。天帝が二人いたなんて

ボーイ、素菓子(知っとるんか~い心の叫び)

素菓子「まぁ全然効いとらんけど、足の払いをもう少しスムーズになればより効くじゃろうの」

ボーイ「あと、喉のとり方上手になったら言う事ないな」

武「帰って焼けた砂を手で突いときます(笑)」

ボーイ「毒手にはするなよ(笑)」

素菓子「手に毒って浮かび上がるから、町歩けんぞ。では今日はこれまで!」

 

つづく

 

 

 

 

 

つづく

 

第40話 相手に掴まれたら速攻金的喉攻め

youtu.be

武「師匠、相手に掴まれたら速攻相手を簡単に倒す技ないですかね~」

ボーイ「あるよ」

武「難しいのは嫌ですよ」

ボーイ「比較的簡単やと思うけどな~」

武「どうやるんですか?」

ボーイ「喉を攻めるねん」

武「喉…どう攻めるんですか?」

ボーイ「師父喉攻めどれを使いましょうか?」

素菓子「そうじゃの~喉攻めで1番簡単なのは喉を掴むことかの~」

ボーイ「喉を突いたり、押したりとかあるけど、それが簡単ですかね、オールシーズンで使えますしね。では師父お願いします」

素菓子「お願いされよう。やる事は簡単じゃ。相手が掴んできたら、その手を殺し(押したり、引っ張ったりしにくする)、相手の喉に速攻をかける。やりかたは親指、人差し指、中指を鷹の爪のようにして、相手の胸を滑らせるように喉を攻める」

武「く、苦しそうですね」

素菓子「喉は柔らかいから女性の力でも簡単に大ダメージを与えれる。相手は呼吸が出来なくなるからの。肝心なのは相手を”のけ反らせる”事。喉攻めのメリットは相手との距離をとれるのと、のけ反ると相手は何もできなくなり簡単に倒す事ができる。そしてなにより速い!」

ボーイ「有効度で言えば金的に匹敵するよ」

武「これは使える!」

ボーイ「では、ちょっとやってあげるわ」

武「お願いします」

ボーイ「喉をこうして倒すんやで…あれっ倒れてもた」

休憩~

ボーイ「あせった~(汗)軽くやっても効くな~ではいこか。師父の喉を潰すなよ」

素菓子「おいっ今回もかいっ!!」

武「師父お願いします」

素菓子「武の為じゃ仕方あるまいて」

武「いざっ」

ボーイ「まず手を掴まれたら速攻喉を攻め相手をのけ反らせる!前に出てきた下半身に対し間髪入れず金的を入れる!」

素菓子「かはっ喉が喉が!ぐふっ」

ボーイ「金的を入れたら足を後ろに回し地面を滑るように踵を刈る。そのまま頭を地面に叩きつけろ!いっけぇぇえええ!!」

武「落ちろカトンボ!!」

素菓子「ゴフッ!呼吸ができん!!」

ボーイ「そのまま極めろ!」

素菓子「手が!手が!」

武「またつまらぬものを極めてしまった…」

素菓子(お~いたたたた固めは早うなっとるわい)

素菓子「実践では頭を叩きつけていくようにの、これでは相手は伸びないぞ」

武「心がけます!」

素菓子「よろしい!本日はここまで!」

武「ありがとうございました」

 

つづく

第39話 簡単に肘を極める


女性の為の護身術 『胸を触りに来たら』肘を極めて倒せ!

ボーイ「今日は肘を攻めようと思うねけど、先に言うけど脱臼しやすいから注意な」

武「ダッ脱臼!?」

ボーイ「そう肩、肘関節は特に脱臼しやすいから練習の時無理しないでね」

素菓子「練習では強引な力で無理やり倒さないようにの」

ボーイ「そうやぞ、師父の肘は大事にするねぞ」

素菓子「もうワシをやるていになってるやん」

武「今日もよろしくお願いします」

素菓子「今日のポイントは肘関節を上向けるということ。そうしないと梃子が働かないから相手が落ちない。肘が上向いたら力を上から下に加える。簡単なようじゃが、往々にして斜めに力が加わり相手が倒れないことが多い。ちょっとやってみろ」

武「そんなわけが…ほんまや!真下難しい…」

素菓子「真下に力を加える事ができたら、次は相手の重心を崩す。しっかり立ってる相手を真下に力を加えて倒すのは不可能じゃからの。少し重心をずらす。そして肘を極めると相手は簡単に倒れる」

 ボーイ「いつも言うけど力じゃない。相手と力がぶつからずに自分の体重をうまく利用すれば力なんかほとんどいらんから。無理やり技を成立させようとせず、流れを大事にすればいい」

武(流れね、それが出来たら苦労しないんですけど~)

ボーイ「ちょっと軽く僕と練習しよう。相手が肘を曲げたら技は変わるから」

1時間経過~

ボーイ「よし試してみ」

武「では、師父、参ります」

素菓子「いくらデクでも脱臼だけは勘弁じゃぞ」

武「え~い!問答無用!!」

素菓子「えっ~!!」

ボーイ「掌を返して上向け、肘も上向いたらすかさず肘に滑るように脇をまわし相手の重心をやや引いて崩し、上から下に圧をかけて倒せ!」

素菓子「何!ゆっくりだが重心を上手く崩され倒れてしまう」

ボーイ「相手を倒したら。そう!固めてる逆側の足を前に出して脇をさらに絞っていくことにより肘関節を攻めろっいっけぇええええ!!」

武「落ちろ蚊トンボ!!!」

素菓子「いたたたたっ肘が肘が!!」

ボーイ「体を通して出る力の威力やな」

素菓子「肘よ動けワシの肘!なぜ動かん!」

武「ふっまたつまらぬものを極めてしまった」

素菓子「また言うとるのか。(やっと動いてくれた…)肘を初めに極め損なったら、最後の極めも甘くなるから、最初が肝心じゃ。後は全体の流れに逆らわないようにの」

武「大丈夫です私の体はエイトビートであふれています!」

素菓子「よきかな!では、今日もここまで。またの」

第38話 手首を固めて相手を投げる2


女性の為の護身術 やり過ぎ注意!相手の腕を破壊して投げる

ボーイ「今回はちょっと危険な技をやります」

武「もう痛いだけでは満足できず、とうとう相手の破壊までしないと満足できないようになってしまったんですね…」

ボーイ「イヤイヤ、より有効な技の選択をしてるだけやで」

武「そう言う割には相手が痛がってる時は笑顔ですよね」

ボーイ「なんでやろか?それは昔からよく言われてる。みんな僕が痛い技を喜んでやってると思ってるねん」

武「確実に喜んでるでしょ!?」

ボーイ「痛がってる様を見るのが気持ちいいねん」

武(うすうす思ってたけど、この人どSやな、しかも右の本格派や)

ボーイ「では、技の説明をしよう。まずこの技はまともにすれば腕の腱や靭帯をぶち切ってしまうからゆっくりやるように」

武「なかなかの鬼畜度ですね」

ボーイ「手首は相手と握手する感じで握り、そこから相手の掌を自分の方に向ける。相手の手を直角に折り、自分の掌を合わせるようにし、親指の方向にねじりこむ、反対の手で手首を折る補助をし同時に相手が逃げないように甲を押えておく。まず、超ゆっくりやったるわ」

武「痛い痛い!しかも自分の体が邪魔でどんどん手だけが捻られていく感じです」

ボーイ「そう。だから速くやった時は自分の体が置いてけぼりになって、手首だけが回転し腕の腱、靭帯がぶち切られてしまう。ヤムチャの足みたいになってしまうってこと。だから自分から飛ぶか転倒して腕を守るしかない」

武「私まだ飛べないんですけど~」

ボーイ「こけたらいいよ」

~~練習中~~

ボーイ「こんなものやろ。では師父、やられてあげて下さい」

素菓子「おいおい。これもワシがやられるのか?」

ボーイ「武ちゃんのためです。お願いします」

素菓子「それを言われるとのぉ~」

武「師父参ります!てやぁ~!」

素菓子「手が手が!もげるもげる!ゆっくり投げて」

バタンッ

武「またつまらぬ者を投げてしまった…」

素菓子「このボケッ調子のりおって!腕もげるわ」

武「腕が貧弱貧弱ぅ~じゃないんですか?」

ボーイ「相手が逃げて腕を曲げても同じ様にしたらいいからね」

素菓子「さよう。そして相手が転倒したらそのままの手の形で固めにはいれ」

武「これはそのまま固めになるから簡単ですね」

素菓子「この技は腕をすぐ痛めるから練習する際は加減するように」

武「わかりました」

素菓子「では、本日はこれまで」

 

つづく