素人女性でもできる力を使わない護身術

世界中の女性を暴力から救いたい

Zumbaやりませんか?

護身術の森本です。

今回は僕の動画のパートナーの

『武ちゃん』のzumbaの告知です。

 

諸事情で、電話番号、場所はブログにも載せられないみたいなので

直接ブログのメールへ問い合わせて下さい。

奈良ですけど。

 

 

護身の術はまだまだだけど、zumbaは上手いです(キッパリ)

また、護身術では、難しい顔してるけどzumbaの時はいい顔しています(笑)

 

今回で最後です! 

興味を持たれた方はここへアクセスして下さい。

ameblo.jp

座ってて後から絡んで来られたらこうしろ!

護身術の森本です。

今回は『座ってスマホしてたら、後からうっとうしい男が来た場合

の対処法です。

今回のポイントは敵に後をとられてるので、既に不利な状態です。

でも、その条件を利用しようという術です。

 

技術的なポイントは

投げる際に投げるというより自分から転び落ちてもらう感じに

投げると上手くいきます

 

常々言うてますが相手の体重が重く感じてるようでは術ではないので、

どのようにしたら、相手を軽く投げれるかが焦点となります。

 

そのやり方ですが、注意点は大きく2つ

1つ目、今回の場合はまずは相手の重心を限りなく前にもってくる事

彼女は声で誘導してますが(馬鹿正直に誘いにのってくれるかどうかは別にして)

軽く会話で誘導し、速攻髪掴んで爪先立ち位にする。

2つ目は、肩に相手の体重を感じないようにする

無理に投げようとすると相手が自分の肩に引っ掛かって中々前に飛んで

くれません。強引にいけば投げれますが女性向けではないですし、そこに

術理はないです。そんなんは誰でもできるので1つ上いく体の使い方をして

いきましょう。

相手の体重を肩に感じた瞬間に自分の肩を引く事により相手がズルッと

落ちる感じにします。うまくいけば、この時点で相手の重心を支配してる

はずですので、簡単に投げれるはずです。

肩を上手く抜く事ができれば9割できたようなもんです。

少々下手糞の投げでもここまでくれば、大丈夫です。

ぶつかりが生じないから(^o^)/

 

ぶつからない感覚を感じるのには少し練習を必要とすると思いますが、

やれるようになると、違う世界が待ってます!

では、また

応援しています

 ( ̄人 ̄)( ̄人:.;:…( ̄...:.;:..;:: .:.;: サラサラ...:.;::スッ彡

派手な服装の女性は襲われやすいのか!

護身術の森本です。

 

蒸し暑い日が続きます。

女性の服も露出が増えて来そうです。

痴漢が増えるかも知れませんが、女性の方もあまりにも胸元

開いた服とか短いスカート履いてたら襲って下さいみたいな

感じやからあまりにも露出したのはやめた方が無難やと思います。

固いこと言いますがあくまでも保身の為です。

十分な安全が確保されていればこの限りではないです(笑)

 

よく、女性は派手な服装をすると襲われやすいとか言われませんか?

はたして派手な服装の女性は本当に襲われやすいのでしょうか?

 

この前たまたま見たデータではびっくり地味な服装の方が、

襲われやすいみたいです。

詳しい数字は忘れてしまいましたが、派手な格好の方が統計上は

襲われにくいみたいです。

 

理由は簡単。

派手な服装の人の方が、大きい声出して抵抗とかされそうだからです。

地味な格好してる人って大人しいイメージがあって、襲っても何もでき

なさそうという感じなんでしょうね。

そんな事は無いでしょうが、あくまでもイメージだから仕方ないです。

結局気が小さい男が多いって事です。

 

そしたら派手な服装したら襲われ難いのかってそんなことはありません。

数字上襲われている数字が少ないってだけで、派手な服装が好みの悪い奴も

いっぱいいるから結論としては

どちらも一緒てこと!

着ていてワクワクする服装でいて下さい(^o^)/

 

でも、襲われない環境をつくる事は必須です。

常に戦略的優位な状態でいる!

これしかない!

十分日頃の行動を注意していこう!

 

ではまた、

応援しています

 ( ̄人 ̄)( ̄人:.;:…( ̄...:.;:..;:: .:.;: サラサラ...:.;::スッ彡

 

 

うんちな女性でも軽く相手を持ち上げる方法

護身術の森本です。

今回は小技を少々。

たまにこういうのも入れていきたいと思います。

 

今回のは前回やったトイレでの護身術の1部抽出です。

自分が座らされ、相手を持ち上げて頭突きをするまでの動きです。

 


護身術 うんち(運痴)な女性でも簡単にできる術!Women Self-defense How to lift your opponent lightly

やってみればわかりますが、便座等に座らされ相手に肩を押さえられても

脇の下に手を差し入れそのまま単純に押し続けたら相手は簡単に持ち上がるはず。

滅茶苦茶軽く相手を押し返すことができると思います。

まずはこれの練習をされたらいいと思います。

もちろん立っても使えますから応用の幅は広がります。

最終的に投げ繋げれるようになって下さい。

 

注意点は自分の肘は出来るだけ伸びている方が望ましいです。

そのほうが腕力を使わなくて済みます。

ほとんどの技に共通することですが、腕力には頼らないようにして下さい。

 

じゃあ何を使うの?ってなりますよね!

それが、体幹の力、体重、重心の線、角度、脱力等を上手に使いこなす

ことです。

僕の術はこれらが上手い具合に使われているので、脇を持ち上げた時

同じように相手を軽く対処できることができます。

重く感じたり相手が踏ん張れたら上記に挙げたどれかがうまく作用してない

はずです。

 

僕自身の練習はこのようにいかに相手を軽く持ち上げれるか、倒せるか等を

未だに追求していて、最初はこれらを護身術で伝えていこう!

と思ったのですが、習得するのが難しく、武ちゃん(娘達がそう呼んでる)

も術の再現ができないし、護身術の初心者の方にも時期尚早!しかも、

(ある程度の実力のある人が見ないとただのやらせ動画に見えてしまう)

と判断し、当身中心のより実戦で使える動画と今はなってますが、ゆくゆくは

ブログの初回に書いたと思うのですが、常人を逸脱した動きをするのも

目的でありますので、最終的にはそこまでいけたらいいなぁ~と考えています。

 

護身術は使わなかったらそれにこしたことがありません。

でも、常人を逸脱した動きは日常の生活を楽にしてくれるので習得したら

日々の生活が楽になる、活人拳になるのです。

まずは自分の身を守れる術を身につける。それができるようになってきたら、

自然と逸脱した動きを身につけているはず!

ただ力技でやってたら、一生無理でしょうけどね~

武道やってる人でもほとんどがこの領域に来れません。(キッパリ!)

脱力と言ってる人も力が入ってますからね~ぶつかりがあるから・・・

 

常人を超えていきましょう。

ではまた

応援しています。

 ( ̄人 ̄)( ̄人:.;:…( ̄...:.;:..;:: .:.;: サラサラ...:.;::スッ彡

~~~編集後記~~~

今日職場で仕事をしていたら蝉の声が聞こえました。

まだ梅雨は明けてないのに気の早い奴です。

もうすぐ本格的な夏が来そうです(汗)

 

 

逃げることの大事さ 逃げることの危なさ

護身術の森本です。

今回は『逃げる』ということについて考えていこう

と思います。

 

護身術の術とは度々言ってますが、最終手段であって

使わなかったらそれ以上にいいことはないのです。

少し術なりができてくると、自分が強くなった気になり、

試してみたくなるというのは前にも書きました。

これは人間のサガでよっぽど人間ができてないと避けれないです。

収入が上がると、生活レベルが上がるのと同じくらい避けれないです。

 

さて、本題です。

逃げると行っても逃げること程至難は無いのです。

戦でも撤退は困難を極め大概の場合戦死です。

話は大きくなりましたが、逃げるというのは実際簡単ではないという事を

言いたいのです。

例えば、悪い事しようとした男と相対して

 「そこの女、ちょっと待て」

自分「ちょっと急いでるので」

男 「そうでしたか、これは失礼した」

自分 「では、さようなら」

なんて無いですからね!

 

血に飢えた狼が目の前のえさをスゴスゴ指をくわえて

見逃すはずが無いでしょう!

 

他の護身術の批判ではないですが、つかまれて抜き技を使うのはよしとして、

相手の手を振りほどいて、ではさようならとそのまま逃げれたら、

こんなに世の中被害者はいてないでしょう。

そのまま逃げることができないから困ってるのではないでしょうか?

当たり前です、襲うのが目的の男がそれくらいで引き下がるはずもなし!

 

では、どうしたらいいのか?

 

相手を前にして逃げるのはほぼ不可能。襲うためにいてるのに

それを放棄する事は考えられない。

 

助けを呼ぶ事ができればラッキー。

 

催涙スプレーみたいなもので目潰し、その間に逃げるのは微妙だが可能。

その際金的だけでも入れることが可能なら更に逃げれる確率は上がる。

スプレーが無い場合は土か砂を相手に気づかれないように拾う。

アスファルトでも若干の砂は手に付着する。何も無いよりはまし。

 

結論としては相手を目の前にしては残念ながらやるしかない

逆に言えば相手が目の前にいなかったらいいわけ

それが逃げるということ。

戦略的有利な状態。

戦術的撤退なんて名将でもあるまいし、引き時なんてわからんですよ。

 

間違っても相手に背中なんて見せたら、襲って下さいて言ってるようなもんだ。

相手が刃物持ってる時は絶対背中見せたらあかんですよ!

背中見せた瞬間相手は反射的に襲ってくるから!

動物の本能だから。

ただやる時は相手を十分油断させて、観念したように見せかけ相手の隙をみて

一気に徹底的にやること。反撃を許さないように。

加減をしたら自分がやられますよ。重ねて言いますが、

やる時は徹底的に完膚なきまでにやること。

その覚悟がないなら自分が犠牲になるだけ。

 

逃げるというのは相手を目の前にして逃げるのではなく、

相手のいてる道から逃げるということ。避けるという事。

 

そして最悪相対したら、相手と刺し違える気持ちでいけば、

活路も見えることもあるでしょう。

日々油断の無きよう。

用心用心で。

これらはあくまでも僕の私見です。

そうではないと言う方もいてるでしょう。

それもまた正解だと思う。

 

では、また。

応援しています

( ̄人 ̄)( ̄人:.;:…( ̄...:.;:..;:: .:.;: サラサラ...:.;::スッ彡

続トイレで襲われたら!狭いトイレ偏

護身術の森本です。

今回は前回と同様、トイレで襲われたらなんですが、

より狭い空間だったら』です。

とりあえず、動画をご覧下さい。


護身術 女性専用 狭い公衆トイレで襲われたら!Women Self-defense in toilet

 

今回はそのまんまより狭い空間だったらです。

・蹴っても相手が壁で支えられて安定してしまう!

 

・間合いを詰められすぎて突きも蹴りも出せそうにない時

に使える術です。

 

相手を普通に押しても壁で支えられてそれ以上何もすることが

できません。

でも、その壁を利用しましょうという技術です。

 

まず、一緒にトイレに入り、便器に強制的に座らされ、

両肩を押えられた所から始まります。

 

技術的な事を言えば、押えられてもそのまま立ち上がれるように

訓練しといた方がいいですね。

体の使い方の練習になりますし。

今回は手を使って立ち上がってます。

より確実に立つために。

 

立ち上がったら頭突きをかまし、

相手の足を刈って倒します。

 

ポイントは相手の足の刈り方です

肩で相手の腰を壁に押し当て一気に足を刈るのですが、

壁と自分の肩で相手の体重を1/2づつ支える感覚まで相手の腰を

壁に押し付け、イメージとして長いロープで一気に片足を刈って

相手を壁に押し込みながら足を引いていく感じです。

壁をズリズリ滑らすイメージで倒します。

平面を利用します。

 

壁は上手に使って下さい。普通に足を刈って倒しにくくても

壁にぶつけながら倒すと、倒しやすいですよ(^o^)/

嘘みたいな本当の話ですマジで。

 

やってはいけないことは、足を持ち上げようとする事。

まず持ち上がらないです。相手の方が体重がありますから。

相手の足を刈るんです。

これはある程度練習が必要だと思います。

もたもたしてると相手が上から殴ってきますから

一瞬で勝負は決めてください

狭い空間でも十分相手を倒すことは可能なので、もし襲われるような

事があっても諦めないで下さい。

その時は虚実を使って相手を油断させる事は忘れないで下さい。

(前回のブログに書きました)

ではまた、

応援しています

( ̄人 ̄)( ̄人:.;:…( ̄...:.;:..;:: .:.;: サラサラ...:.;::スッ彡

 

 

まともに相手にぶつかるな!

護身術の森本です。

今回は戦術的な話です。

 

望むべくも無く暴漢に絡まれてしまった場合ですが、

ナイフの護身術の時に強調したと思っているのですが(汗)

まともに相手はしてはいけないという事です。

言い換えれば正攻法の攻撃ではダメです!

もっとわかりやすく言えば、不意打ち等、通常ひきょうと言われる

手を使えってことです。

 

力勝負では男には勝てません。ちょっとした武道の技術など、

男女の体格差や力の前ではほぼ役に立たないのが実際です。

 

だから僕は護身術では突いたり蹴ったりというまともな技術は

使わないのです。実際には使えないからです。

もちろん全く使えないこともないですが、ほぼほぼ使えません。

残念ですが(涙)

 

ただし、不意打ちや元来反則といわれる部位への攻撃武器での攻撃

関節技だったら男相手でも十分通用します。

だから、まともに相手にぶつかってはダメです。

いかに技術的に自信があってもです。その自身ポッキリ折られますから。

 

いかに相手に感ずかれることなく効果的な部位への速やかな攻撃をするかを考え

まくって下さい。相手の攻撃を受けようなんてゆめゆめ考えないで下さい。

持たれてから術をかけようとも思わないで下さい。

持たれるのは最悪最低な状態ということを理解しといてください。

 

かけ引きは女性の方が上手だと思います。

やられそうになったらアホな男に言葉巧みに隙を作り、相手の注意を逸らし

気がそれた瞬間

自分の得意の必殺の技術で圧倒的に相手を倒してサッサと逃げてください。

勝負は1瞬で1度きりです。

肝に銘じておいて下さい。

 

まともに勝負しても勝てません。

トリッキーにいきましょう。

 

では、また。

応援しています

( ̄人 ̄)( ̄人:.;:…( ̄...:.;:..;:: .:.;: サラサラ...:.;::スッ彡