読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人女性でもできる力を使わない護身術

世界中の女性を暴力から救いたい

両手で引かれた場合(1)

打撃 投げ

f:id:uwmt47448:20170325212037j:plain

こんにちは。護身術の森本です。

今日は両手を持たれて引かれた場合を練習しました。

video動画はこちら

 

今日の術は思い切りが大事です。

恐がってたらできないです。

 

例の如く相手の引きには反発せず相手の引きに合わせて

というより

相手の引き自分が相手の腕を引き加速して

一気に膝と頭突きを放ちます。

 

当たれば相手は吹っ飛ぶので後の投げのことは

あまり考えなくてよいと思います。

 

持たれた手は全く考えずに

無視して突っ込むだけです。

 

超シンプルな術です。

 

ポイントは

どれだけ勢いよく突っ込むか

です。

試してください。

応援しています(^o^)/

 

ヘッドロックされた場合

投げ

f:id:uwmt47448:20170319100221j:plain

こんにちは護身術の森本です。

今日はヘッドロックされた場合の対処法です。

 

いきなり首をとられ行動の自由が奪われ

相手に連行されてしまいます。

ほんとうはここまでガッチリ持たれるのは

好ましい事では全然ないのですが

路地や後からいきなり襲われたりすると

なかなか咄嗟には訓練されてないと対処

できないものです。

 

そこで自分の肩が出ているかどうかでやり方が若干

変わります。

 

動画でやってる彼女のパターンは自分の肩が相手の

腰と足で制されていて相手の足を取りたいのですが

首だけが出て左手がでないでいる状態です。

肩が出ていたら左手で足を取りにいきたいのですが

それができないので右手で相手の正面から足を

とりにいくことになます。

とれば相手の膝を折るような感じで後方に押せば倒れます。

 

次に自分の肩を入れ込む事ができた場合です。

左手が比較的自由がきくのでそのまま相手の両足を

刈りにいきます。やはり膝を折ようにし後方に

落としていけば倒れます。

 

当身なんですが、ほぼ無理ですね。

金的もやれそうでやれないです。

掴むのも無理です。

威力が全然足りなくて首を絞められる方が

勝ちます。

 

比較的簡単な術ではあるのですが

僕がやる術の中では圧倒的に力を使ってしまうので

あまり本意ではないのですが

簡単で女性でもやってやれんことはないので

これくらいの力を使うのは仕方が無いか~

って感じで若干力を要します。

 

数回練習すればできるようになるのではないでしょうか。

力技なので今までやった僕の術でも圧倒的に簡単にできます(゚ー゚)

動画の彼女もすぐできましたヽ(*゚▽゚)ノ

 

試してください。

応援しています(^-^*)/

 

 

 

相手に手を引かれた場合

打撃 投げ

f:id:uwmt47448:20170318204951j:plain

こんにちは、護身術の森本です。

今回は相手に片手を引かれた場合の対処法です。

動画はこちらから

 

片手を引かれてからの対処法はいろいろ

あると思うんですが今回はこれをチョイスしました。

 

僕の考えでは常々言ってますが

1度ひっついたらそのチャンスを逃さない!

 

だから抜き技で簡単に抜くのもいいのですが

次に続かないと意味がないと思っています。

相手との距離が空くとそれを埋めるのは

素人では難しいんです。

だから相手がくれたチャンスは逃したらあきません。

 

技術的な注意点ですが

相手と引っ張り合いをしない事が第一です。

力を使わない護身術ですので力を使わないで下さい。

 

相手の引くに合わせて自分が相手に近づき

相手の持つ手にぶつかりがないように抜きます。

ぶつかりがないとは指がひっかからないことです。

抜く時油を塗ってスルンと抜けるのが上手な感じです。

相手の指がピシっと抜けたらまだまだです((-_-。)

 

抜く時は自分の肘から抜いていく感じでやる

スルスルと抜けていきます。

手を動かさないで体全体で抜くように。

相手が引いてからの抜きだから難易度は若干あがります。

 

当身ですが始めの目えの攻撃は捨て打ちで当たればいいし

当たらなくてもその間に距離を詰めれたらいいので

威力は無くてもかまわないし、当たればいいくらいで

構わないと思います。(注)必ず目に向かって攻撃する

その後は掌底で鼻を打ち、金的で止めを刺し

投げて顔面踏んで終了です(*゚ー゚)>

上手に抜けたら投げる体勢になってます。

 

護身術と言ってよくやる抜き技は相手の手が伸びたまんま

でやってることが多いのですが。

あれ簡単にできるんですよ。

良くない意味でですよ( ̄▽ ̄;)!!

 

あんな条件で抜く場面がないという事です。

 

悪口ではなく、無い条件でやっても仕方ないと

いうことです。

ただ、その場で抜けているのはすばらしい

ことだと思うんです。

 

より実戦に近い状態にしたいので

僕がやる場合は条件が厳しくなっているだけです。

だから始めはなかなか上手くできないと思います。

でも、使えないものはやっても仕方ないので

やりません。

逆に言うとこれらが使えるようになると

いざという時に使えます(⌒▽⌒)/

 

何度も書きますが、護身術をなめとったら

あきません。

やるかやられるかの場面でちょろこいこと

やっとってもあかんのです!

 

護身術は軽い気持ちでやるものではありません。

やる時はやる!

それができんのでしたらやらん方がいいです。

中途半端にやって自分はできると勘違いして

いざ襲われて何もできない自分に

愕然とするでしょうから・・・

 

これが現実ですよ。

力あるものに力ないものが立ち向かうんですから

よっぽどの決意が必要なんです。

軽い気持ちでは護身は不可能と理解して下さい。

 

厳しい事書きましたが

誰も被害者になって欲しくないからです

 

応援しています(^o^)/

 

 

不意に前から肩を押された場合

投げ 打撃

f:id:uwmt47448:20170314214534j:plain

こんにちは、護身術の森本です。

今日の動画

前から肩を押された続けた場合の動画はこちら

 

本日の動画はイメージとして前から押し続けられ

壁際まで押し込まれるじです。

 

依然良く似た動画も撮ったのですが

あれは、静止した状態で肩を押えられた場合で

今回は前から後の壁まで押し込まれるような感じです。

 

肝心なのは押され負けて体が死に体(反撃不能の体勢)

にならないことです。

死に体になって体が浮いてしまうと

もう何もできなくなってしまい抵抗できません。

押されるのに抵抗するのではなく

押される振りをし押されながら体勢を整え

(いつでも頭突きに移行できる準備)

押されている手を少し跳ね上げ自分のやや後方に受け流し

相手の顔面に一気に頭突きを入れます!

相手は押しているから顔から前に突っ込んできます。

そこから金的を打ち→投げて終了です。

 

どうしても押されたら抵抗するみたいです。

しかし、しょせん女性では男性に力では適いません。

だったら、はなっから抵抗を放棄し、

相手の力と調和し相手の押す力を

そのまま相手に頭突きで返します。

柔道の巴投げ、隅返しの要領です。

 

ただ、この術は最終的に相手の重心を奪い

相手を押し返す事にはなりますが(^^)

抵抗は一切ありません。

なぜなら

相手が死に体になっているからです。

 

ただし、相手の手を後に受け流した際

少しでも引っ掛かったりすると

相手がそこを土台に若干体制を立て直すことができてしまいます。

相手がこっちに突っ込んでくる威力がそがれ

頭突きの威力が半減してしまいます(x_x;)

(抵抗なく入った頭突きの威力はエグイですよ)

 

逆にここさえ決まれば相手は顔面に頭突きを受け

何もできないまま終了です。

とても反撃はできないはずです。

 

押されても敢えて押させて押されてる間に

反撃の機会を作って下さい。

反撃の体勢は以前動画で挙げた

『正座、胡坐から肩を押されて立つ体の使い方』が

できればどんだけ押されてもできるんですが~

チャレンジしてください。

 

応援しています(^o^)/

 

 

 

後からナイフで脅された場合

投げ

f:id:uwmt47448:20170306204513j:plain

こんにちは、護身術の森本です。

今回は後からナイフで脅された場合です。

 後からナイフで脅された場合の動画はこちら

この際のポイントですが、

前回同様やはり手首をいかに殺すかになります。

前回は手の甲をつけるようにと言いましたが

今回は手の向きが反対になってます!

 

でも安心してください。

押えるべきは手関節でいいです(^^)

ここを押えられるとナイフは使えません。

試しにやってみて下さい。

 

今回も前回同様手首を押えるのは

相手の虚をつき瞬間的に手首を押さえ

投げに移行しなければいけません。

相手が後にいるから前回より速く投げに移行して下さい。

手首を殺した瞬間に投げに移行する一連の動作にして下さい。

 

投げの際の注意は相手を投げようと背負わない方がいいです。

よく動画見ていただいたらわかると思いますが

相手を背負ってません。

感覚としては相手の肩が倒れて来ると

その肩をすかすような感覚です。

相手はもたれかかろうとした背中が

「あれっ!」て急に無くなるような感覚になるでしょう。

投げというより相手を落としていく感じです。

重力があるから勝手に落ちます。

もちろん重心の操作は必要ですけどね(゚∇^d)

 

さて、もし相手が後にいて上からのっかかって

押え気味にナイフで脅された場合はどうなるでしょう?

 

どうするのか!?

同じようにしたらいいんですよ(^^)

むしろのっかっかってくれた方が落としやすいんです!

だから相手が体重を乗っけて脅してくれた方が

ありがたいんです。

 

一番の問題は恐れずにダイナミックに

行動できるかどうかでしょう。

冷静に対処できるはずはないでしょうが

「手首を殺したらいいんだ」

とだけ考えたら少しは落ち着けるんではないでしょうか?

 

あれをしようこれをしようと考えると混乱します。

いかに少ない手数シンプルな術で

相手を制することができるか?

体を通さないとわからないはずです。

ぶっつけ本番ではできないことを保障します。

練習してください。

応援しています(^-^*)/

 

ナイフを首元に突きつけられた場合

投げ

f:id:uwmt47448:20170305120402j:plain

こんにちは、護身術の森本です。

今回はナイフを首元に突きつけられ脅された場合です。

ナイフ護身術(1)動画はこちら

さて、今回は少し趣向を変えてナイフでの護身術です。

 

ナイフを押し当てられると身動きが取れないように

思う方がほとんどだと思うのですが実は

ナイフを押し当てられたほうが対処しやすいんです。

刺すか刺すまいかと離れた距離の方がやり難いんです。

 

今回ナイフの護身術を練習しましたが、

想像以上に簡単にできていました。

まずは、怖がらない事です。

中途半端に動くのが一番まずいですから( ´△`)

 

守るべきポイントはまず3つあります。

1つ目は一瞬で手首を殺すところまで動くことです。

0.2秒以に手首を殺すまでの行動を終わらせて下さい。

2つ目は手首の殺し方です。

目標として相手の手関節を自分の胸に押し当てるように

して下さい

相手の手の甲を自分の胸に押し当てる感じです。

手関節より、下方(肘方向)は駄目です

なぜなら、相手の手首が自由に動けますので、

ナイフで切り傷をつけられます。

致命傷にはなりませんが痛いです。

 

手関節より上方(親指)でもいいのですが

相手が手を引き抜こううとした際抜けないとも限らないので

(まずないと思いますが・・・)

手首、母子丘(親指のしたの膨らんでる所)を押えたほうが

より安全と思います。

技術としてはこの手関節さえ押える事ができたら

8割できたといえるでしょう。

 

3つ目虚実です。

相手の気を一瞬逸らせて虚をつくります。

ボクシングの輪島さんが使った手ですね(^^)

 

何度も言いますが

これらのことを恐がらずにすることです。

躊躇したら中途半端になってしまい

失敗してしまうでしょう。

 

手首を上手く殺すことができたら

相手は自分の方にもたれかかってくるでしょう。

そこからは相手を倒すだけです。

やり方は様々あると思いますが

そこは重要ではありません。

 

いかに早く刹那的に相手の手関節を

自分の胸に押し当てて相手の体勢をくずせるか

が全てです。

やってみて下さい。

思ったより簡単にできると思います。

動画のように体を一瞬で入れ替え

投げるところまでは始めは無理と思います。

相手を引き寄せるところまでをひたすら練習して下さい。

見てるだけでなく、行動してくださいね

知ってるのと、できるのは天と地程の差がありますから。

応援しています(^-^*)/

 

酔っ払いに絡まれ肩に手をかけてきた場合

打撃 投げ

f:id:uwmt47448:20170304223718j:plain

こんにちは、護身術の森本です。

今回は酔っ払い等がなれなれしく肩に手をかけてきた場合です。

肘から金的攻撃動画はこちら

今回は外で撮影してみました。

慣れないのと周りの人の目が気になって

やりにくかったです(*⌒∇⌒*

でも、広々として爽快感があり気持ちよかったです。

結構ガン見してる人がいて声が若干小さめになってしまいました。

 

さて、技術的なことですが、

当身としてまず肘を入れましょう。

もたれかかってこられたらそのまま投げも

ありなんですが、初学者は当身をいれることに

統一した方が練習になるしいいかなと思いまして。

 

肘を入れると次は金的なんですが、

振り返り様に手で金的に思いっきり打ちます。

そのまま握ってもいいと思います( ̄Д ̄;;

ただ打つだけではなく、

反対の手で相手が逃げれないように引き寄せながら打ちます。

打ちながら相手の重心を奪い後方に押していきます。

(力で押したらダメですよ、重心操作で)

 

注)振り返りながらの金的はスムーズにしたいのですが、

動画では結構上手にやってると思います。

足のステップなども参考にして下さい。

ただこのステップが難しかったみたいで

何回も練習しました。

 

金的の後は投げですが

相手がかけてる手を下から脇をくぐって相手の抵抗のない

方向に投げます。

投げる際力を入れてしまうと抵抗されてしまいますので

力はいれないようにして下さい

投げる時の感覚は相手がベストを着てたとしましょう。

そのベストの袖から手を通し

ベストを少し浮かした感覚で投げる感覚です。

伝わってるかな~?

もちろんベストを引っ張りすぎると

相手は反応してしまいますのでタブーです。

 

相手は肘、金的が入っているので力任せでも

投げれると思いますが、

力を使わない護身術なのでハードルは高くなりますが

力を使わずに投げましょう。

 

護身術を学びつつ、体の使い方も常人を超えるのも

目的の1つでありますので、よりハードルは高くしましょう。

 

力任せの術は痛いし深みはなくてすぐ会得できるでしょうが

女性向けではありません。

時間をかけてゆっくりマスターしたらいいんじゃないでしょうか?

一緒にがんばりましょう

応援しています(^-^*)/