素人女性でもできる力を使わない護身術

世界中の女性を暴力から救いたい

第41話 不意に抱きついてこられたら金的喉攻めで対応


女性のための護身術 金的蹴り喉攻めで抱きついてくる相手を倒せ Self defense for women

武「いきなり抱きつきに来られた時どう対処したら安全ですかね~」

ボーイ「それも前回やった金的と喉攻めで解決やな」

武「お~優れものですね」

ボーイ「肝心なんはいきなり襲われたら相手に掴まれない事!その為には金的蹴りでも喉攻めでもどちらが先でもよい」

武「相手との距離を保つんですね」

ボーイ「やる事は前回とほぼ同じ、大事なのは女性は男より背が低いことが多く、もし初めに喉を攻めれないことがあったら金的蹴りで相手の体勢を崩すのが肝心。金的当たればほぼ確実に前のめりなるから。そして同じ技をいかに違うケースに転用するかがポイントやね」

武「”1を以って万に当たる”ってやつですね」

ボーイ「その通り!1つの技をより多くの場合に対処できるようにな。しかも単純な技ほど実践では効果が高い!」

武「わかりました!」

ボーイ「そして練習でもやる時はしっかりと相手を倒せるくらいに攻める!」

武「はいっ!喉攻めは相手がむせるくらいやります!」

ボーイ「その意気込みやよしぃっ!!では師父お願いします」

素菓子「おいぃいいいっワシかい!びっくりしたわ!」

武「今日もお願いします」

素菓子「仕方あるまいて、では襲うぞ!どりゃぁあああ」

武「まず、相手との距離を確保する為、相手がのけぞりむせるくらい喉を攻める、そしたら相手は後方に逃げようとするから、そうさせまいと、相手のどこかを掴んでそれを阻止する」

素菓子「くはっ!喉が喉が!ぐるじいっ!逃げれん…(チッやるようになった!しかし!)」

ボーイ「相手が体勢を立て直す前にそこから金的入れて相手を落とせ!」

※金的が先の場合はこれの逆、結果は同じ

素菓子「うっっっ金的入った…」

ボーイ「そこから喉を攻めつつ頭を地面に叩きつけろ!いっけえぇええええ!!」

武「見えた!落ちろ蚊トンボ!!」

素菓子「うお~頭打って目が見えん!暗い暗いくら~い!中央帝都に明かりを~天帝は暗いのがお嫌いだ~!」

ボーイ「やばい!師父がジャコウになってる!」

素菓子「はっ!←我に返った。なんか荒廃した大きな都が見えたわ(笑)」

ボーイ「師父ジャコウになってましたよ…武ちゃん知ってる?」

武「し、知らないですよ。天帝が二人いたなんて

ボーイ、素菓子(知っとるんか~い心の叫び)

素菓子「まぁ全然効いとらんけど、足の払いをもう少しスムーズになればより効くじゃろうの」

ボーイ「あと、喉のとり方上手になったら言う事ないな」

武「帰って焼けた砂を手で突いときます(笑)」

ボーイ「毒手にはするなよ(笑)」

素菓子「手に毒って浮かび上がるから、町歩けんぞ。では今日はこれまで!」

 

つづく

 

 

 

 

 

つづく

 

第40話 相手に掴まれたら速攻金的喉攻め

youtu.be

武「師匠、相手に掴まれたら速攻相手を簡単に倒す技ないですかね~」

ボーイ「あるよ」

武「難しいのは嫌ですよ」

ボーイ「比較的簡単やと思うけどな~」

武「どうやるんですか?」

ボーイ「喉を攻めるねん」

武「喉…どう攻めるんですか?」

ボーイ「師父喉攻めどれを使いましょうか?」

素菓子「そうじゃの~喉攻めで1番簡単なのは喉を掴むことかの~」

ボーイ「喉を突いたり、押したりとかあるけど、それが簡単ですかね、オールシーズンで使えますしね。では師父お願いします」

素菓子「お願いされよう。やる事は簡単じゃ。相手が掴んできたら、その手を殺し(押したり、引っ張ったりしにくする)、相手の喉に速攻をかける。やりかたは親指、人差し指、中指を鷹の爪のようにして、相手の胸を滑らせるように喉を攻める」

武「く、苦しそうですね」

素菓子「喉は柔らかいから女性の力でも簡単に大ダメージを与えれる。相手は呼吸が出来なくなるからの。肝心なのは相手を”のけ反らせる”事。喉攻めのメリットは相手との距離をとれるのと、のけ反ると相手は何もできなくなり簡単に倒す事ができる。そしてなにより速い!」

ボーイ「有効度で言えば金的に匹敵するよ」

武「これは使える!」

ボーイ「では、ちょっとやってあげるわ」

武「お願いします」

ボーイ「喉をこうして倒すんやで…あれっ倒れてもた」

休憩~

ボーイ「あせった~(汗)軽くやっても効くな~ではいこか。師父の喉を潰すなよ」

素菓子「おいっ今回もかいっ!!」

武「師父お願いします」

素菓子「武の為じゃ仕方あるまいて」

武「いざっ」

ボーイ「まず手を掴まれたら速攻喉を攻め相手をのけ反らせる!前に出てきた下半身に対し間髪入れず金的を入れる!」

素菓子「かはっ喉が喉が!ぐふっ」

ボーイ「金的を入れたら足を後ろに回し地面を滑るように踵を刈る。そのまま頭を地面に叩きつけろ!いっけぇぇえええ!!」

武「落ちろカトンボ!!」

素菓子「ゴフッ!呼吸ができん!!」

ボーイ「そのまま極めろ!」

素菓子「手が!手が!」

武「またつまらぬものを極めてしまった…」

素菓子(お~いたたたた固めは早うなっとるわい)

素菓子「実践では頭を叩きつけていくようにの、これでは相手は伸びないぞ」

武「心がけます!」

素菓子「よろしい!本日はここまで!」

武「ありがとうございました」

 

つづく

第39話 簡単に肘を極める


女性の為の護身術 『胸を触りに来たら』肘を極めて倒せ!

ボーイ「今日は肘を攻めようと思うねけど、先に言うけど脱臼しやすいから注意な」

武「ダッ脱臼!?」

ボーイ「そう肩、肘関節は特に脱臼しやすいから練習の時無理しないでね」

素菓子「練習では強引な力で無理やり倒さないようにの」

ボーイ「そうやぞ、師父の肘は大事にするねぞ」

素菓子「もうワシをやるていになってるやん」

武「今日もよろしくお願いします」

素菓子「今日のポイントは肘関節を上向けるということ。そうしないと梃子が働かないから相手が落ちない。肘が上向いたら力を上から下に加える。簡単なようじゃが、往々にして斜めに力が加わり相手が倒れないことが多い。ちょっとやってみろ」

武「そんなわけが…ほんまや!真下難しい…」

素菓子「真下に力を加える事ができたら、次は相手の重心を崩す。しっかり立ってる相手を真下に力を加えて倒すのは不可能じゃからの。少し重心をずらす。そして肘を極めると相手は簡単に倒れる」

 ボーイ「いつも言うけど力じゃない。相手と力がぶつからずに自分の体重をうまく利用すれば力なんかほとんどいらんから。無理やり技を成立させようとせず、流れを大事にすればいい」

武(流れね、それが出来たら苦労しないんですけど~)

ボーイ「ちょっと軽く僕と練習しよう。相手が肘を曲げたら技は変わるから」

1時間経過~

ボーイ「よし試してみ」

武「では、師父、参ります」

素菓子「いくらデクでも脱臼だけは勘弁じゃぞ」

武「え~い!問答無用!!」

素菓子「えっ~!!」

ボーイ「掌を返して上向け、肘も上向いたらすかさず肘に滑るように脇をまわし相手の重心をやや引いて崩し、上から下に圧をかけて倒せ!」

素菓子「何!ゆっくりだが重心を上手く崩され倒れてしまう」

ボーイ「相手を倒したら。そう!固めてる逆側の足を前に出して脇をさらに絞っていくことにより肘関節を攻めろっいっけぇええええ!!」

武「落ちろ蚊トンボ!!!」

素菓子「いたたたたっ肘が肘が!!」

ボーイ「体を通して出る力の威力やな」

素菓子「肘よ動けワシの肘!なぜ動かん!」

武「ふっまたつまらぬものを極めてしまった」

素菓子「また言うとるのか。(やっと動いてくれた…)肘を初めに極め損なったら、最後の極めも甘くなるから、最初が肝心じゃ。後は全体の流れに逆らわないようにの」

武「大丈夫です私の体はエイトビートであふれています!」

素菓子「よきかな!では、今日もここまで。またの」

第38話 手首を固めて相手を投げる2


女性の為の護身術 やり過ぎ注意!相手の腕を破壊して投げる

ボーイ「今回はちょっと危険な技をやります」

武「もう痛いだけでは満足できず、とうとう相手の破壊までしないと満足できないようになってしまったんですね…」

ボーイ「イヤイヤ、より有効な技の選択をしてるだけやで」

武「そう言う割には相手が痛がってる時は笑顔ですよね」

ボーイ「なんでやろか?それは昔からよく言われてる。みんな僕が痛い技を喜んでやってると思ってるねん」

武「確実に喜んでるでしょ!?」

ボーイ「痛がってる様を見るのが気持ちいいねん」

武(うすうす思ってたけど、この人どSやな、しかも右の本格派や)

ボーイ「では、技の説明をしよう。まずこの技はまともにすれば腕の腱や靭帯をぶち切ってしまうからゆっくりやるように」

武「なかなかの鬼畜度ですね」

ボーイ「手首は相手と握手する感じで握り、そこから相手の掌を自分の方に向ける。相手の手を直角に折り、自分の掌を合わせるようにし、親指の方向にねじりこむ、反対の手で手首を折る補助をし同時に相手が逃げないように甲を押えておく。まず、超ゆっくりやったるわ」

武「痛い痛い!しかも自分の体が邪魔でどんどん手だけが捻られていく感じです」

ボーイ「そう。だから速くやった時は自分の体が置いてけぼりになって、手首だけが回転し腕の腱、靭帯がぶち切られてしまう。ヤムチャの足みたいになってしまうってこと。だから自分から飛ぶか転倒して腕を守るしかない」

武「私まだ飛べないんですけど~」

ボーイ「こけたらいいよ」

~~練習中~~

ボーイ「こんなものやろ。では師父、やられてあげて下さい」

素菓子「おいおい。これもワシがやられるのか?」

ボーイ「武ちゃんのためです。お願いします」

素菓子「それを言われるとのぉ~」

武「師父参ります!てやぁ~!」

素菓子「手が手が!もげるもげる!ゆっくり投げて」

バタンッ

武「またつまらぬ者を投げてしまった…」

素菓子「このボケッ調子のりおって!腕もげるわ」

武「腕が貧弱貧弱ぅ~じゃないんですか?」

ボーイ「相手が逃げて腕を曲げても同じ様にしたらいいからね」

素菓子「さよう。そして相手が転倒したらそのままの手の形で固めにはいれ」

武「これはそのまま固めになるから簡単ですね」

素菓子「この技は腕をすぐ痛めるから練習する際は加減するように」

武「わかりました」

素菓子「では、本日はこれまで」

 

つづく

 

第37話 手首を固めて相手を転が


女性の為の護身術 女性でもできる手首を固め相手を倒す

ボーイ「今日は手首を固定して相手を倒す技な」

武「今日もまた激痛ですか?」

ボーイ「いや、今回は痛いのはマシ、倒すのが目的やから」

武(今日は助かった…)

ボーイ「固めたら痛いけどな」

武「結局痛いんかい!」

ボーイ「固めは痛いもんやし、痛くないと意味が無い」

武「おっしゃる通りで」

ボーイ「では、今回は相手の手首の甲側を自分の方に向け固定して、然る後、手首を回転させて倒す!」

素菓子「各関節を固めて倒れざるをえんようにするのじゃ」

ボーイ「関節のロックが甘いと手が伸びて技が成立せんからね、では僕が手を捕るわ」

素菓子「おいっ!痛くなかったらやられるんかい!」

ボーイ「失敬な。武ちゃんのためじゃないですか」

武「ありがとうございます」

素菓子「ワシ悪者みたいやん」

ボーイ「早速練習しようか」

武「師父、注意点はどこですかね?」

素菓子「この技は手首が固定されんと始まらん、手関節を直角に折り上手く固まると相手は引っ掛かる感じで倒れる」

ボーイ「手首が鈍角になってるとあかんよ」

武「あれっ肘が伸びちゃうんですけど~」

素菓子「手首をよく見てみ、寝てるじゃろ!?」

武「うわっほんまやっ手首伸びてる!」

素菓子「手首をしっかり折ってそれを保持しろ、その際は柔らかく持つように」

武「手首がかっちり固まると相手が勝手に倒れてくれますね」

素菓子「さよう、うまく出来ると相手は抵抗できないから技が成功してるかどうかはすぐわかる」

武「うまくいくとほとんど力を使わず出来ますね」

素菓子「そうじゃ、だから相手が大きくても技が成立するのじゃ。日頃から力を極力使わずにする練習をしとけ、ではまたな」

つづく

 

第36話 手首を極めて投げる


女性の為の護身術 相手を投げろ!手首を極め肘をからめて投げる

ボーイ「今回は手首を極めて投げます」

武「また痛いのですか!?」

ボーイ「手首を極めて投げます」

武「わかりましたよ~」

(また痛みの警報機がまた鳴りっぱなしなんですけど…)

ボーイ「投げと言っても極めてしまえば楽に投げれるから」

武(私の不安はそっちじゃないんですけど~)

ボーイ「ポイントは一緒。人差し指の付け根と肘を挟み込む。手首の極め方がポイントで、ピグモンの逆になる、相手の肘の外側を通って手首(人差し指の付け根)を極める。そのまま投げようとすると肩関節が固まるのでそのまま投げれる。口ではチョット説明し難い」

素菓子「相手の内側に入るから遠心力を利用して投げるのが良策じゃの」

ボーイ「実戦的にはそうせんと使いにくいやろうな。では、師父投げられてやって下さい」

素菓子「こらしめてあげなさい。みたいな言い方しよって。ただのデクではないか。このアミバめ!」

ボーイ「ここかな~それともここかな~」

武「さっさと練習したいんですけど」

ボーイ「これは失礼!ではコマクさんやられて下さい。」

素菓子「誰がコマクじゃ!」

武「いきまーす」

素菓子「相手と離れすぎてたら手首を極めれんぞ。相手の懐深く入り、手首を極める」

武「なかなか難しいですね、出来るかな…」

ボーイ「誰でもできる。だから君なら絶対できる!君を信じる俺を信じろ!!!」

武(自分を信じろって事か)

ボーイ「イメージとして、相手の中段か胸に肘を入れてそのまま投げにはいるくらいの間合いが望ましいし、当身を入れてからの方がやりやすいやろうな。今回は当身は無しやけどな」

武「なるほど、近づけば相手の手首も完全に包み込むことができる!勝機!」

ボーイ「そうや!そのまま相手の人差し指の付け根を極めて、肘と挟み込む!相手が痛がってるとこを肘関節を固めて投げろ!いっけぇええええええ!!」

素菓子「ぬおぉぉおお!手が手が!!」

武「またつまらぬ物を投げてしまった…」

素菓子「やかましいわ」

ボカッ

武「ぶった~」

素菓子「愚か者め!流れを切らずに力まずにやれるようにな。極めも甘いぞ!」

ボーイ「まぁまぁ良かったよ。今はこれでいいよ」

素菓子「では、またな」手首がプルプルなってる

 

つづく

 

第35話 手首を極めて落とし再び極める


女性の為の護身術 簡単に手首を極めて相手を倒す

ボーイ「だいぶ涼しくなってきたな~」

武「そうですね」

ボーイ「そうなってきたら手首を極めて落とそうか~」

武「いやいや、何が関係あるんですか!?」

ボーイ「待ちに待った今日も痛い系ですよ(笑)」

武「痛さで手が数日使いものにならないんですけどね」

ボーイ「えっ!?それって褒め言葉?」

武「そのつもりで言うてるやつは頭パーでしょう…」

ボーイ「2.3日は痛いやろうけど、変に捻挫とかしてないやろ?」

武「た、確かにそれはないですね」

ボーイ「バカみたいに力でゴリ押しして無いからやで、痛みを後に残さないのも技術やで」

武「なるほど"φ(・ェ・o)~メモメモ」

ボーイ「今回は手首を極めて落とす。しっかりと極めてたらの話な。今回は更に落としながら再び極めなおす。固めに近いかな」

武(痛み警報発令!痛み警報発令!今日もか…)

素菓子「落としてから極めるのではなく落としてる最中に極める用意をすますのじゃぞ。そして相手を持ち上げるように相手の体重を利用して極める」

ボーイ「その通り!では師父早速やられてあげて下さい」

素菓子「またこの下りかい!またデクかよ」

武「神妙にお縄につけい!」

素菓子「このガキやられてやるのに、なんでそんなえらそうやねん!!」

ボーイ「武ちゃんの為ですよ…」

素菓子「それを言われるとの~辛いの~横山~笑えよ~」

武「参ります。えいっ」

ボーイ「そうや!手首は人差し指の付け根を手の甲が上向けて攻める。そのまま相手が倒れ出したら今度は手の甲を下向けて同じとこを攻めながら攻めてるところを倒れてる相手の体を引っ張り上げるように極める。そのまま引き上げろ!いっけぇええええ!!」

素菓子「痛い痛い手が手が!!」

武「またまたつまらぬ物を極めてしまった…」

素菓子「それ言うてる暇あったら早く離して!」

武「今宵の斬鉄剣は一味違うぞ」

素菓子「何訳わからん事いうてるんじゃ!!早く離せ!!本気でしばくぞ!!」

武「すまんでござった」

素菓子「ござるな!」

ボーイ「武ちゃん、ござったのはまずかったな」

武「今回は倒すのより最後の極めが難しかったですね」

素菓子「流れを切らないようにするのがポイントじゃの」

武「たどたどしいですからね」

素菓子「流れるように一連の動作で出来るようにな、では、またの

 

つづく