素人女性でもできる力を使わない護身術

世界中の女性を暴力から救いたい

第30話 ハイヒール二刀流で護身(表)と、やってはいけない事


女性の為の護身術 ハイヒール二刀流攻撃用法(表)&やってはいけないこと

素菓子「暑いの~」

ボーイ「ようしゃないですね~」

武「今年は尋常じゃないですね~」

ボーイ「暑いけどやるで。今回はハイヒール二刀流の”表”な」

武「表!?」

ボーイ「前回やったの”裏”な」

武「えっ!そんなん初耳ですけど」

ボーイ「そうやった?(笑)まっすぐ前に手を出して外側を”裏”内側を”表”と便宜上しよう」

武「外を裏、内を表と、φ(.. )メモメモ」

ボーイ「今回の特徴は裏は相手に近づくにつれ有利になるけど、表は下手に近づけばつかまれるというリスクが発生するということ。近づけば有利になるという事では無いってことな」

武「いつもは近づくほど有利ですよね?」

ボーイ「そう。裏なら近づく程有利。表は相手を死に体(しにたい)にしてないと掴まれてしまう。しっかりとした攻撃ができるか、重心を制するか、相手が攻撃できないくらい正中線を制し近づくか等。これらができないと、表は恐い。やるなら裏を推奨する」

武「ただ近づいてもダメってことですね。今回も4工程みたいだけど、2工程の方がいいと言ってるのに何でですか?」

ボーイ「一番の目的は体の使い方やね。いきなりはできないというのもあるけど…これには基本的な動きがほとんど入ってるから後々に応用の幅が広がる。」

武「6工程の応用でいろいろできるという事ですね」

ボーイ「応用やから形は崩れるけどね、たまに原型とどめてない時あるけど(笑)どれだけ少ない手数で相手を制する事ができるかがポイントやからね」

武「手数を少なくするって事が難しいんですよ」

ボーイ「よりシンプルで、同じ事を少ない手数でするねから当たり前やな」

素菓子「そうじゃ。理想は1発で終わらせることじゃ。いわゆる一撃必殺じゃ。普通は相当の熟練者ではないと難しいが、護身術の場合はそれが可能となる事がある」

武「なぜそれが可能なんですか!?」

素菓子「相手が不用意に近づいて来た場合じゃ!相手の反撃を考えずに急所をさらしながら近づいて来る場合がある。そんな時は不意の1撃必殺の攻撃をするのじゃ。具体的には、金的であったり、頭突きであったり、顔面への死角からの攻撃等じゃ」

武「今回で言ったら両手を広げて抱きつきに来た場合等ですね」

素菓子「そうじゃ。両手が曲線を描いてくるから、それに対し直線的な攻撃で対処する。その手を何とかしようと思うと抱きつかれてしまう。相手は顔をさらし、股を開いて襲って来る場合が多い。勢いにだまされずにただ攻撃するのみ!」

武「相手がグワーッって両手を広げて襲って来ると掴まれないようにしようと思いますもんね!」

素菓子「1番の愚策!思考が守勢になっとるからじゃ。常に攻撃を考えていると無防備な相手が近づいてくるのじゃからこれ程攻撃の当てやすい的は無い!」

武「なるほど!手に気がいってる間に抱きつかれてるって事ですね!」

素菓子「それはそうとして、今回の術は初めに前の手で相手の攻撃を受け、6工程の4.5.6とすればいいだけじゃ。やり方は前回とさほど変わらん。相手に近づき過ぎてつかまれないように注意するだけじゃ。しっかりとした攻撃ができていたらその心配もないがの。実戦では2工程までが望ましい。やってないんじゃがの、かっかっか」

武(だったら言うなよ…)

武「ちょこっとだけしましたよね」

素菓子「じゃが、まだお主には無理じゃ」

武「これは失礼しました(汗)」

素菓子「4工程で相手の軸(重心)を制して相手を攻撃不能の劣勢にし、自分の有効打を打てるように徹底的に体に刷り込め!

武「了解しました!」

素菓子「覚えておけ、直線は曲線より速い、相手が無防備なら即、攻撃」

武「肝に銘じます」

素菓子「うむ、いろはの”い”じゃが、とても大切な事じゃ、では、今回はこれまで」

武「ありがとうございました」

つづく

第29話 ハイヒール護身用法(裏) 間違った使い方


女性の為の護身術 ハイヒール二刀流攻撃用法 間違った使い方には注意

ボーイ「今日は師父来るの少し遅くなるねんて」

武(げっ練習がきつくなるではないか…)

武「そんなんですか。」

ボーイ「という事で師父が来るまで僕が教えるから」

武「お願いします(汗)」

ボーイ「まず前回やった6つの動きの2つを使った用法な。シンプルなほど難易度は上がるで」

ビシバシビシバシ←練習の音

武「2工程だけど、原型からは少し離れてますね」

ボーイ「応用やからね、でもこれはちょっと厳しそうやな」

武「もう少し手数を増やして欲しいです」

ボーイ「じゃあ思い切って練習も兼ねて4工程にしよう。注意点は」

  • できるだけ相手の攻撃線をよける相手の勢いで押されてしまう
  • 相手に接近して自分の有利な位置の確保と十分な攻撃ができる場所取り
  • ハイヒールでの攻撃は必ずしもヒール部分である必要は無い踵もつま先部も十分攻撃できる、ヒール部に固執すると攻撃できる幅が激減する
  • 相手の攻撃を押してよけようとしないぶつかって力負けするか
  • ハイヒールを履いたままの護身は自殺行為足元が不安定で動けない

ボーイ「ざっくりこんなもんかなやってみよう」

ビシバシビシバシビシバシよりハードな練習

武「なかなか上手く前にすすめません(涙)」

ボーイ「相手の手と自分の手がぶつかりすぎてるから前に進まれへんねん、相手の腕を掴む位の感覚で前に出ると上手く体はさばけてるはずやで、押しよけようとするな!けど実際は掴まんで」

武「う~ん」

ボーイ「まだまだ手の運びもぎこちないな。相手の攻撃を受け流しつつ斜め前に進む!受ける度に前に進んでいく感覚で!」

そして1時間後

武「ぜぇぜぇぜぇぜぇ」

ボーイ「やっとなんとか見れるようになってきたな。まだまだ相手の重心は支配してないけど、初めてやった割には上出来でしょう(笑)」

武「なんとかなりますか…」

素菓子「こんにチワワwww」

武「遅いじゃないですか!師父がいてないから師匠の練習意欲に歯止めがかからず大変だったんですから!」

素菓子「何もそんなに青筋立てて怒らんでもええやねんばってん」

武「またそんな訳わかんらんこと言って…」

ボーイ「師父ほぼ終わりました」

素菓子「うむ。ボーイよ練習もいい加減にするのじゃぞ」

ボーイ「気をつけます」

素菓子「武よ、おまえも力では相手には勝てないが重心を制すれば相手の大小、力の強弱ももはや関係なくなる。そこのところをよくよく考えながら練習するのじゃ!」

武「はい!」

素菓子「ではこれくらいにしとくか。では、またな」

ボーイ「えっ!もう帰った…」

 

つづく

 

第28話 ハイヒール『二刀流』を使って護身術


女性の為の護身術 ハイヒール二刀流!基本の素振り

ボーイ「今回はハイヒールで護身するよ。しかも初の”二刀流”やで!

武「えっ二刀流ですか!?」

ボーイ「そうそう。片手より難易度は上がるけど大丈夫!?」

武「大丈夫」

ボーイ「強気やな。では早速師父に教えてもらおう、お願いします」

素菓子「燃えろ!ワシの小宇宙(コスモ)よ!廬山百龍覇!」

ボーイ「なんという小宇宙だ!さすが最強と言われているだけの事はある…

って何か深い関係あるんですか?」

素菓子「いやっやりたかっただけじゃ」

どってーん←2人のコケル音

素菓子「今回は基本の構えからの二刀流での振り方の練習じゃ。1~6まで左右同じ事をやるだけじゃ。じゃが、ここが出来てないと応用はできん。それっやってみぃ」

武「ゆっくりだとできるけど、途中で自分が何をやってるかわからなくなってきます」

素菓子「初めは形を覚えるだけでよい。そして少しずつ修正を加えつつ、速くできるようにしろ。スナップを効かすの忘れるなよ!1人で練習するには基本を徹底的にやり抜く事じゃ!」

武「なれるまで少し時間がかかりそうですね(汗)」

素菓子「はぁ~ヒナがっくりじゃ…丁度よい機会じゃから宮本武蔵の言葉をいくつか紹介しておく。」

  • 千日の稽古をもって鍛となし、万日の稽古をもって錬となす今のお主に送りたい言葉じゃ。一日にして成らずということじゃ。
  • 敵に先手をとられたときと、自分から先手をとって敵にしかけたときとでは、倍も違うものである。これはいつも言っとるじゃろ?常に先手をとれ!攻撃あるのみ!
  • 平常の身体のこなし方を戦いのときの身のこなし方とし、戦いのときの身のこなし方を平常と同じ身のこなし方とすること。これを逸脱した体の使い方を手に入れ実戦して欲しいというのが、ボーイの切なる願いの1つじゃな。

武「なるほど」

素菓子「武蔵の名言はたくさんあるが、まずはお主に響くのはこんなものじゃろう。ちなみに、ワシは武蔵をあまり知らんのじゃがの。かっかっかっ」

武(知らんのかーい!!←ターちゃん風)

素菓子「今回は特に言う事はない。反復練習するのみ!それではさらば!いないいないばばばばぁ~」

 

つづく

第27話 ストールで身を守れ


女性の為の護身術 ストールに芯を入れて身を守れ!

ボーイ「今日はストールで護身を考えていこうと思ってるねけど夏場でも日焼け気にしないあなたは関係ないな」

武「大丈夫」

ボーイ「さすがサーファーやな」

武「最近行ってないですけどね」

ボーイ「今回のストールは先に何かを通してやろうと思ってるねん。女の人やったら何か持っているのではないかと…」

武「ストールに通すとなるとなかなか無いですけどね」

ボーイ「金属や固い物で通せたらかなり安心できるねけど、金属の腕輪とか」

武「金属の腕輪はないな~女性やったら化粧品とかかな~」

ボーイ「化粧品とかは納豆みたいにストールに包み込んだらいけるけど、時間がかかりすぎるな」

武「そうですね~」

ボーイ「いかに短時間で確実に用意できるかがポイントやからな。焦ってたら手元狂ううやろ!?」

武「冷静にはできなさそうですもんね」

ボーイ「戦闘中に地面にいる蟻を見つけれたら大丈夫てラーメンマンは言うてたけどな。それだけ冷静でおれてことやろうけど、幼なながらに冬はどうするねんって突っ込んでたわ(笑)」

素菓子「百歩神拳!!」ラーメンマンの方

ボーイ「おっかぶせてきた!!」

素菓子「今日はタオルの延長というか派生技じゃの、ついでに足元に蟻がいなくても、砂があれば拾って相手の目に投げつけろよ」

武「目潰しですね!」

素菓子「今回は何かを通す事ができた場合じゃが、なければ先をくくってやるしかないが、威力はおちてしまう。それでも顔面に受けるのはきついがの~」

武「前回お尻に受けましたが体概痛かったですけどね」

素菓子「さて今回の注意点じゃが、長すぎると扱いが難しく相手に取られやすいし、絡まりやすい。まずは自分の前腕位の長さにしている方が扱いやすいじゃろうて」

武「さっきちょっと振ってたら体にボカボカ当たって痛かったです」

素菓子「長くして使うからじゃ(笑)長くする程に扱いは難しくなるからの。自分が1番扱いやすい長さを知ることじゃ。短すぎると相手との距離が近くなるしの。多少体に当たるのは仕方ないじゃろうが、上手になればそれも少なくなる」

武「明日は体中が青くなりそうです(汗)」

素菓子「先に物を通す事ができたら、破壊力は格段にあがる。棒とほぼ同等の威力が望めるじゃろう。」

武「何か実用性があって場所のとらないものでも入れといたらいいですね」

素菓子「女性のみんながそうしてくれたら、ワシも安心じゃがの。ナットでも入れとけ」

武「それはちょっと…」

素菓子「そうか?備えあればチャンスありじゃぞ(沈黙シリーズ)」

武「なんか違う気がするけどわかりました」

素菓子「暑いから終わりじゃ、また会おう」

 

つづく

第26話 散歩中も安心 タオルで護身術


女性の為の護身術  タオルで身を守る!散歩中もこれで安心

武「暑いですね~汗が止まらないよ~タオルは必須ですね」

ボーイ「よしっ今日はタオルでの護身術にしよか!?」

武「タオルというと遠山の金さんですね!」

ボーイ「おうおう…随分と言ってくれるじゃねえか…目ん玉かっぽじってようく見やがれ!おめえが見たって言う桜吹雪は…これのことかい!

武「ははーおみそれしやしたっっなんてね(笑)」

ボーイ「ようお武!暑い日が続いてんだ!体をでぇーじにするんだぜっ」

武「金さんありがとう………って違う!ところでタオルて効くんですか!?」

ボーイ「痛いで~タオルなめてたら足元すくわれるで!」

武「試しに叩いてみてくださいよ(笑)」

ボーイ「言うたな!参る!!!おりゃー」←タオルで叩いてる

ばっち~ん

武「痛い痛い痛い…めちゃ痛いよ~お尻壊れる(涙)」

ボーイ「これを顔面に受ける勇気はないやろ?」

武「いやいや、やばいでしょ!顔がもげてしまう」

ボーイ「ではタオルの基本的な使い方練習していこうか、師父頼みます」

素菓子「よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男

ボーイ「古っ!!みんな知らないですよ」

武「どこの早乙女さんですか?」

素菓子「よいではないか!ワシの勝手じゃ!さっさと練習するぞ!特に難しいことはないが、全力で打ち込むことが大事じゃの。傘みたいに重みと硬さがないから、速さがないとほとんど威力はないぞ!」

武「持ち方1つでも全然威力が違うみたいですし」

素菓子「そうじゃ。大体”目打ち”として使うのが通常であろうの。あれはあれでかなり有効なんじゃが、体術を即入れないと決定力に欠けるんじゃ。時代劇のようにはいかん。ちなみにタオルでナイフを落とすのは考えないほうがよいぞ」

武「意外と使えない…」

素菓子「所詮はタオルじゃ。多くを求めてはいかん。素手よりはマシ程度と考えておけ。そして最後はやはり体術になるんじゃがの」

武「でも、タオルのあるとないでは心理的に全然違いますよ!」

素菓子「使い方次第じゃ。あほとハサミは使いようというじゃろうが。とにかく速く振り抜く練習をしろ」

武「ぶんぶんいっときます!」

素菓子「本日のお白州これにて一件落着!!」

ボーイ(まだ引っ張っとるやん)

.つづく

 

 

 

第25話 効果的な攻撃場所


護身術 女性専用 傘で護身術 効果的な攻撃の仕方 少ない労力で最大の効果をだそう!

ボーイ「今日も暑いね~」

武「そうですね~汗が止まらないです

ボーイ「暑いけど、今回も傘で護身やっていこか!」

武「はい」

ボーイ「今日はどこを攻撃すれば効果的かって話」

武「顔面じゃないんですか?」

ボーイ「そうやねんけどね…顔を防御されたらの話な」

武「そうですよね(笑)顔を防御されたら非常に攻撃し難いんです」

ボーイ「そうやろ!だからそこんとこを師父に教えてもらって。では師父お願いします」

素菓子「暑い~あまりにも暑すぎて超人墓場行きかけたワイ!」

ボーイ「そん時はドクターボンベ呼んで来るから大丈夫です!」

素菓子「お~それなら安心じゃ。かっかっかっ(笑)」

武(わからん…)

素菓子「今回は肉のカーテンのように防御を固められた状態の場合じゃ」

武「質問!肉のカーテンてなんですか?」

ボーイ「そんなんも知らんの!両手でボクサーみたいに顔とボディーを防ぐだけやん」

素菓子「何も知らん奴よ。さて、防御されると顔面を打つ事は難しくなる。困った事じゃ。さてどうする?って話じゃ」

武「手が上がるってことは比較的肋骨は狙いやすそうですね、後、金的も」

素菓子「うむ。それもありじゃ。じゃが、今回は基本的でもあり、相手に物理的な攻撃をさせなくする方法じゃ」

武「どうするんですか?」

素菓子「手で守っているのじゃったらその手自体を破壊するのじゃ。特に狙うべきは指と手の甲(小指側が狙い目)じゃ。これらは簡単に折ることが可能じゃ。折れた手では何もできんしの」

武「なるほど!それは効果的ですね」

素菓子「まず、相手の手を破壊、しかるのち顔面を打つ」

ボーイ「”将を打たんと欲すればまず馬を射よ”ってことですね」

武「なるほど!←わかってない

ボーイ(絶対わかってないやん…)

素菓子「そうじゃ。馬を射りゃあ将軍も落馬して簡単に討ち取れる。要領じゃ」

武「あとはどうやって指先を攻撃するかですね」

素菓子「攻撃方法は以前からやってる6方向をうまく組み合わせたら楽勝じゃ」

武「それと攻撃は先手が必勝てことですね」

素菓子「相手がどう攻撃したらいいかと考える前に先制の1撃を与える。相手は混乱したままどうしたらいいかわからないままに終わらせたらよいのじゃ。簡単なことなんじゃが、行動するとなるとみんな相手を見すぎて結局やられてしまう」

武「何も考えずに飛び込むくらいがいいってことですか?」

素菓子「闇雲に突っ込むのも考えものじゃが、”間”が大事じゃから考える前に行動してた方が相手の準備ができてないという点においては有利じゃ。相対したらの場合じゃがの」

武「ただ突っ込むのではなく、自分の得意技でつっこんだら良いってことですね」

素菓子「そうじゃ!相手をはめろ!大事なのは相手より後手にまわらんことじゃ。これからも励めよ。さらばじゃ!!」

 

つづく

 

第24話 両手持ちで威力が倍化!


護身術 女性専用 傘で身を守れ!両手持ちで威力が倍!重い物も大丈夫

素菓子「今回も傘でやるが両手持ちじゃ」

武「刀みたいに持つんですか?」

素菓子「傘は両手で持つと短すぎるじゃろ!傘を持ってる方の手首に手を添えるんじゃ」

武「なるほど!重い物を振り回すのには良さそうですね」

素菓子「そうじゃ。非力で傘が重くて上手く振れない、でも両手でガッツリ持つと傘の長さが短くて不安という女性は手を重ねて持つ事によって強く速く振る事が可能になる」

武「威力が増えるという事ですね」

ボーイ「ナイトも両手持ちで威力が倍ですからね」

素菓子「うむ。その際は盾が装備できなくなるから注意が必要じゃがの」

武「何言ってんですか?」

ボーイ「言うてもわからんからいいよ!師父続きを」

素菓子「この振り方はタオル等の護身術の際に必須の技術になるからよう練習しとけよ。傘ではバックで打つ際には特に重宝する」

武「確かに強く振り過ぎたら返して打つ時力が足りない時があります」

素菓子「そういう時に手を重ねて速攻で返して攻撃を打つのじゃ。手で打つのではなく、体全体で打つようにすれば打ちやすい。重ねた手はそのままでも良いし、押し放して打って空いた手で相手を掴み接近戦に持ち込んでもよい」

武「武器があったら離れてるほうが安心ですけどね(汗)」

素菓子「両手で打つと制御が片手に比べ上手くいかんから、慣れが必要じゃが破壊力が断然違うからできるだけ使えるようにしたほうが有利じゃぞ」

武「どっちみち必要そうだから練習して使えるようになります」

素菓子「では今日はこれまでじゃ。しっかりやっとけよ」

ボーイ(暑いから早く帰ったな)笑

 

つづく